×

home新着情報一覧 > 「東北大学宮城交流会」開催のお知らせ(7/31)

「東北大学宮城交流会」開催のお知らせ(7/31)
2024.06.6

今年は東北大学宮城萩友会の会長に七十七銀行・小林英文頭取が就任。さらに東北大学の総長交代に伴い、東北大学萩友会会長に冨永悌二新総長が就任し、両新会長が揃う初めての機会です。NHK大河ドラマで話題の「王朝世界」について語る横溝教授の講演も必聴。
さまざまな企業で活躍する同窓生が集結。東北大学を介してネットワークを広げませんか? ぜひ足をお運びください。

東北大学宮城交流会
【日時】2024年7月31日(水)18:00~
【会場】東北大学川内北キャンパス
【主催】東北大学宮城萩友会/東北大学萩友会
【プログラム】講演会/懇親会


①講演会(18:00~19:10)

場所:マルチメディア教育研究棟2階ホール[地図]

※講演会のみご参加の方は会費不要です。

◆会長挨拶
宮城萩友会会長/株式会社七十七銀行取締役頭取 小林 英文

 
◆総長挨拶・講演
「東北大学が描く未来像」
東北大学萩友会会長/第23代東北大学総長 冨永 悌二
 
◆記念講演

『源氏物語』と王朝物語文学の世界 ──宮廷女性文化の伝統と達成──

王朝物語文学は、女性たちが作り出した独自の文化であり、女性の誇りである——、そのようなことが声高に唱えられる時代がかつての日本にありました。紫式部の『源氏物語』が世に出てから200余年、王朝ルネッサンス期を迎えた中世の後宮では、王朝物語を総括する事業として『風葉和歌集』という前代未聞の一大歌集が編纂されました。まさに「王朝物語の正倉院」とも呼ぶべきこの撰集が、王朝文化のモニュメントとして作られ、日本文化史に屹立していることを、日本人は誇りとしてよいでしょう。本講演では、『源氏物語』を含む王朝物語の伝統と達成を、女性文化の変遷に光をあてて、紐解いていきます。


東北大学文学研究科 日本文学分野教授
横溝 博

 

②懇親会(19:15~)
場所:Bee ARENA Café[地図]

お食事とお飲み物をご用意しております!
会費:4,000円(プレミアム会員登録費1,000円を含む)

※名刺のご提出と共に受付にてお支払いください。

※すでにプレミアム会員(年会費会員または永年会員)の方は3,000円です。

 

申込フォーム(7/19締切)