×

 コロナ禍で、今もまだ、学生たちは通常の学生生活を送ることができず、経済的にも心身的にも大きな不安や心配を抱えて毎日を過ごしています。そんな学生たちの不安を少しでも和らげ、心身ともに健康で充実した学生生活を送るお手伝いをしたく、東北大学萩友会では、同窓生ネットワークを通じて学生の衣食住など様々な面をサポートして参ります。
 現在、本学では、新型コロナウイルス感染拡大による影響で、世帯収入やアルバイト収入が減るなど、経済的に困難な状況にある学生の皆さんを支援するとともに、食習慣を整えて元気に学修に励んでいただきたいとの思いから、「100円朝食」サービスを期間限定で実施しており、本学のOB・OGの皆さまから多くの反響をいただいております。

第二弾「100円朝食」サービス実施について

 

 5月中旬に実施した「100円朝食」企画の好評を受け、6月14日から第2弾「学生応援100円朝食~豚肉ウィーク~」が実施されます!
今回は、学生支援の取組に賛同いただいた卒業生の方々から、群馬県の同窓会団体「群馬萩友会」(会長:腰高 博 氏、経済学部卒)を通じ群馬県産三元豚の提供をいただいたことをきっかけに実現しました。
東北大学萩友会も協賛し“萩友会まるっと応援シリーズ”として5日間限定で提供します。健やかな学生生活はおいしい朝ごはんから!しっかり食べて充実した毎日を送ってください。

【実施内容】
期間:令和3年6月14日(月)から18日(金)の5日間
時間:朝8:00~8:50
場所:川内北キャンパス 川内の杜ダイニング
価格:100円(税込)
メニュー:ご寄附いただいた群馬県産三元豚を使用したメニューとその他メニューの毎日2種類を用意し、日替わりで提供します。
助成:東北大学基金
(定食の通常提供価格380円のうち、280円を東北大学基金が補助)

 
 

ご寄附頂いた卒業生より学生へのメッセージを頂いています

(株)林牧場 代表取締役社長
林 篤志 様(経済学部卒)
群馬萩友会会員

仙台での学生時代、先輩方には何度も食事をご馳走になりました。
ある方が、こういう話をしてくれました。
「先輩から受けた恩は、先輩に返さなくていい。そのかわり、後輩たちの面倒を見てやってくれ」
そのように先輩方から引き継がれてきた恩を、今回は豚肉に乗せて、現役の東北大生に送ります。
豚肉は、元気と健康の源です。

 

群馬ミート(株) 代表取締役社長
征矢野 茂 様(経済学部卒)
群馬萩友会会員

学生歌の中に「国のいしずえ」という歌詞があります。
これから様々な分野で「いしずえ」にならんとする学生の皆様にささやかではありますが朝食を通してお役に立てれば私にとりましてもこの上ない喜びであります。
朝食は大事です、しっかり食べてください。

 

第一弾「100円朝食」サービス実施の様子

 

「100円朝食」サービスの記事

上記のような活動以外にも学生が安心して学業に専念できるよう様々な支援を行っています。本学の活動へのご理解と共に、皆さまからのご支援とご協力をお待ちしております。

 

【自宅で勉学に励む学生たちに応援メッセージを!】

先輩方や関係者、市民の皆さまからの励ましや応援メッセージをお受けする「東北大学・学生応援メッセージポスト」を開設し、メッセージを募集しています。皆さまからのあたたかいメッセージをお待ちしております。
学生へ応援メッセージを送る

 

【2021年度”COVID-19″学生への経済支援を!】

東北大学基金では、今年度も昨年度同様、新型コロナウイルス感染症の影響により経済的支援が必要となった学生たちのため、支援プロジェクトを開始しています。
学生を支援する