×

home連載記事 > インタビュー

インタビュー

多方面で活躍する本学の先輩方をインタビューしご紹介をしております。
今後も様々な卒業生をご紹介していきますので、是非ご覧ください。

2014.01 掲載

バランス感覚に優れた、柔軟思考で拓く道

プロフィール:1974年 東北大学医学部卒 1978年 東北大学大学院医学研究科修了 1989年 放射線医学総合研究所臨床研究部室長 1990年 東北大学抗酸菌病研究所教授 1993年 東北大学加齢医学研究所教授 1990年-2013年 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター出張診療所長(PET臨床研究) 2006年-2012年 東北大学加齢医学研究所長 [受賞歴] 1984年 日本核医学会賞 1990年 第4回国際中性子捕捉治療学会優秀研究者賞 2003年 日本国際賞審査委員

福田 寛(ふくだ ひろし)

2013.09 掲載

先駆するフロンティアの大学で学んだ誇りを胸に――

プロフィール:1971年東京都生まれ。93年東北大学理学部化学第二学科卒業後、同大学院理学研究科化学専攻修士課程を95年に修了。同年に東芝入社。研究開発センターにて、液晶の配向メカニズムを研究後、裸眼3Dディスプレイの研究開発に従事。05年「第57回神奈川県発明考案展覧会/川崎市長賞」「日本光学会/光設計優秀賞」、07年「映像情報メディア学会/技術振興賞 開発賞」、10年「発明協会/全国発明表彰21世紀発明賞(第二表彰区分)」11年「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011」大賞を受賞。12年より現職。

福島 理恵子(ふくしま りえこ)

2013.05 掲載

先見」と「先行」の勇断で、限りない挑戦へ。

プロフィール:1979年 東北大学医学部 卒業 1983年 東北大学大学院医学研究科 修了(医学博士) 1983年 米国ノースウエスタン大学 博士研究員 1991年 東北大学 医学部 講師 1995年 筑波大学 先端学際領域研究センター 教授 2007年 東北大学 医学系研究科 教授 2008年 東北大学 副学長     同 大学院 医学系研究科 研究科長・医学部長 2010年 東北大学 Distinguished Professor 2012年 東北大学東北メディカル・メガバンク機構 機構長 ◎受賞歴/東北大学医学部奨学賞・金賞および坂田賞(1995年)・井上学術賞(1996年:井上科学振興財団)・トムソン・ロイターリサーチ・フロント・アワード 2004(2004年:Thomson Scientific Co.)・つくば賞(2007年:茨城県科学技術振興財団)・日産科学賞(2008年:日産科学振興財団)・Leading Edge in Basic Science Award(2011年:Society of Toxicology)・東レ科学技術賞(2011年:東レ科学振興会)・上原賞(2012年:上原記念生命科学財団)・紫綬褒章(2012年)・Oxygen Club of California Health Sciences Prize (2012年: Oxygen Club of California)

山本 雅之(やまもと まさゆき)

2013.01 掲載

研究領域と活動範囲を拡げる、熱意ある行動力。

プロフィール:1977年3月 東北大学工学部卒業 1979年9月 ロンドン大学インペリアルカレッジ修士課程修了(Master of Science) 1983年3月 東北大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士) 1983年10月 東北大学高速力学研究所助手 1988年4月~1989年1月 米国パデュー大学客員研究員 1997年6月 東北大学流体科学研究所教授 2012年4月~ 東北大学副理事 ◎受賞歴/日本機械学会賞奨励賞(1989) ・日本伝熱学会賞学術賞(1998)・日本機械学会賞論文賞(1999)・日本機械学会熱工学部門 業績賞(2001) ・日本伝熱学会 技術賞(2002)・紫綬褒章(2012春)

圓山 重直(まるやま しげなお)

2012.09 掲載

自己ベストへ、ともに頑張る軌跡

プロフィール:昭和24年に創部し、今年で63年目になりました。現在部員40名ほどで、主に北部学生選手権、北部地区国公立大学選手権、七大戦、全国国公立大学選手権など年間10ほどの大会に参加しています。昨年は、北部地区国公立大学選手権で男子総合優勝を果たしました。●平成23年度黒川杯受賞

水泳部

2012.05 掲載

同じ目標へ、一人ひとりのペースで

プロフィール:仙台市内を中心とした幼稚園や小学校のお楽しみ会から企業のパーティーなど、様々な場所から年間40~50件ほどの公演依頼を受けている。学内のイベントとしては文化フェスティバル、大学祭などで演技を行っている。毎年クリスマス頃に行っている定期奇術発表会は、今年で52回目を迎えることとなった。●平成23年度石田杯受賞

奇術部

2012.01 掲載

自分ならではの知力を磨く。

プロフィール:1968年3月12日、山形県鶴岡市に生まれる。 山形大学教育学部卒業。 東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程前期修了・博士課程後期単位取得満期退学。 1993年、在学中に『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞。 1999年、『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞。 鶴岡市在住。

佐藤 賢一(さとう けんいち)

2011.09 掲載

変化の波に応える、しなやかな勇断を。

プロフィール:1974年東北大学経済学部卒業、75年仙台市職員に採用、93年に市民局生活文化部女性企画課長に就任。教育局の生涯学習課長、せんだいメディアテーク館長、市民図書館館長、仙台市教育委員会教育長、仙台市副市長を経て、2009年8月仙台市長に就任。

奥山 恵美子(おくやま えみこ)

2011.06 掲載

一歩、前に出ることで繋がった人の和。

プロフィール:2004年東北大学農学部入学、東北大学応援団長に就任。 2008年東北大学100周年プレキャンペーンに参加、東北大学学友会特別賞を授与。 卒業後、東京大学農学部修士課程に入学 2010年同課程終了、JA全農へ入社し現在に至る。

出雲 智子(いずも ともこ)

2011.01 掲載

迷いや悩む時にまずは「原点」回帰へ。

プロフィール:1950年仙台工業専門学校採鉱冶金科 冶金部卒業後、名取郡秋保中学校、宮城県南郷農業高等学校の教諭を務める。1955年櫻岡大神宮権祢宜を拝命。さらに1957年には伊勢神明社宮司の拝命を受け、二社を兼任する。1983年櫻岡大神宮宮司を拝命。1994年全国教かい※師会会長に就任し、1997年全国教かい師連盟総裁表彰。1998年本庁評議員を委嘱され、同時に山形大学医学部講師を兼任する。2004年神職身分特級に昇進し現在に至る。法務大臣表彰(2002年)、神社本庁表彰(2004年)、瑞宝双光章授与(2010年)ほか。

坂本 壽郎(さかもと じゅろう)