×

home連載記事 > インタビュー

インタビュー

多方面で活躍する本学の先輩方をインタビューしご紹介をしております。
今後も様々な卒業生をご紹介していきますので、是非ご覧ください。

2019.08 掲載

同窓生に寄り添う心で「萩友会」の活性化へ

プロフィール:

松野 宏美(まつの ひろみ)

2018.03 掲載

メッセージ性の高い映像クリエイターの旗手

プロフィール:映像ディレクター。1975年生まれ。東北大学理学部化学系卒業。卒業後、広告代理店勤務を経て独立。以後フリーのディレクターとしてCM、MVなどの演出を手がける。2006年より「CAVIAR」に所属。2013年9月「vivision」 設立。 【受賞歴】サントリー歌のリレー「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」/東京ADC 2011 ADCグランプリ第49回 ギャラクシー賞 CM部門大賞、"Tabio Slide Show" タビオ/カンヌ国際広告祭 Bronze・Ad Fest Silver・Tokyo Interactive Ad Awards Bronze・第14回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門優秀賞、"UNIQLOCK" UNIQLO/カンヌ国際賞・クリオ賞・ワンショーの世界三大広告賞グランプリ受賞、"The Beyond" SONY PLAYSTATION3/New York Festivals Bronze、Space Shower Music Video Awards BEST DIRECTOR 2008・2009・2010 など

児玉 裕一(こだま ゆういち)

2017.12 掲載

想像の翼が編む、世界観のタペストリー

プロフィール:1972年北海道生まれ。東北大学理学部物理第二学科を卒業し、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。研究員、ウェブ・エンジニアを経て、『Self-Reference ENGINE』でデビュー。2007年に『オブ・ザ・ベースボール』で文學界新人賞を受賞。2010年、『烏有此譚』で野間文芸新人賞受賞。2011年、『これはペンです』で早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。2012年には『道化師の蝶』で芥川賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で日本SF大賞特別賞に輝く。『Self-Reference ENGINE』の英訳は2013年にアメリカでフィリップ・K・ディック記念賞の特別賞に選出された。2017年に『文字渦』で川端康成文学賞を受賞。その他の著作は『バナナ剥きに最適な日』『後藤さんのこと』『プロローグ』『世界でもっとも深い迷宮』など。

円城 塔(えんじょう とう)

2017.03 掲載

電気通信の変革へ、勇気ある挑戦。

プロフィール:1948年、宮城県生まれ。宮城県仙台第二高等学校を経て1970年、東北大学工学部電気工学科を卒業後、旧日本電信電話公社(現NTT)に入社。電電公社時代は、主に無線技術者として働く。1984年、第二電電企画(後の第二電電・DDI)に転じる。1989年、取締役。1997年、代表取締役副社長。2000年にDDI、KDD(国際電信電話)、IDO(日本移動通信)三社が合併し、現在のKDDIが発足、代表取締役副社長に就任。2001年6月に同社代表取締役社長に就任。2005年、代表取締役社長兼会長。2010年、代表取締役会長。2015年、取締役会長(現在に至る)。

小野寺 正(おのでら ただし)

2016.06 掲載

美味ビールで広げる愉快コミュニケーションの輪

プロフィール:1968 年岩手県盛岡市生まれ。1990 年東北大学経済学部卒業後、キリンビール株式会社へ入社。1996年株式会社銀河高原ビールへ転職。3 年半後、同社を退社し、2001 年にベアレン醸造所を立ち上げる。品質アップと規模の拡大を成し遂げ、地域経済の発展にも大きく寄与。 被災地支援のため、チャリティビール発売やチャリティイベントを開催、約 130 万円を寄付。2015年4月、 外国特派員協会主催「世界に伝えたい日本のクラフトビール」グランプリを獲得。

木村 剛(きむら たけし)

2016.01 掲載

生体(バイオ)とメカトロニクスの融合を指針に

プロフィール:山形県立山形東高等学校出身。1993年東北大学工学部機械工学科卒業、1995年同大学院工学研究科博士課程前期修了、1999年博士学位取得、2001年同工学研究科助教授、翌年東京工業大学精密工学研究所助教授併任、2003年~2006年フランスパリCNAM にて文部科学省在外研究員、2008年同医工学研究科/工学研究科教授就任、現在に至る 【主な受賞歴】  2000年日本AEM 学会論文賞、2008年日本機械学会賞(論文) 、同年科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞 、2010年日本AEM 学会賞技術賞受賞、2014年 FIRST シンポジウム「『科学技術が拓く2030 年』へのシナリオ」内NEXT ライフ・イノベーション・ポスターセッション金賞、 2014年第11 回日本学術振興会賞を受賞

田中 真美(たなか まみ)

2015.09 掲載

大胆&柔軟な発想で、時代を乗り切る。

プロフィール:1955 年東北大学法学部卒業後、東和映画入社。1960 年FM 東海勤務後、70 年(株)エフエム東京(TOKYO FM)入社、営業部長、取締役総務部長、常務、専務を経て、89 年代表取締役社長に就任。97 年に東京メトロポリタンテレビジョン(株)(TOKYO MX)取締役社長に就任し、2001 年7 月 ㈱ジャパンエフエムネットワーク(JFN)取締役会長、05 年TOKYO FM 代表取締役会長、07 年TOKYO MX取締役会長、2010 年に同社代表取締役会長に就任後、現在に至る。 【主な受賞歴】  1995年 全米放送事業者協会(NAB)第1 回放送事業者国際特別功労賞受賞  1996年 藍綬褒章受章  1999年 日本宣伝クラブ第39回日本宣伝賞正力賞受賞  2001年 全日本シーエム放送連盟第37回鈴木CM賞受賞  2003年 福島県県外在住功労者知事表彰  2010年 旭日重光章受章

後藤 亘(ごとう わたる)

2015.01 掲載

本格ミステリの原点回帰へ、「新・古典派」の旗手。

プロフィール:1980年、長野県岡谷市生まれ。1999年東北大学法学部入学、2005年大学院法学研究科修士課程修了、2013年『コンダクターを撃て』(『致死量未満の殺人』として出版)が第3回アガサ・クリスティー賞を受賞。現在、日々執筆に明け暮れる。 [主な著作] 『致死量未満の殺人』(早川書房)、『アガサ・クリスティー賞殺人事件』(早川書房)、『花盗』(電子書籍「小説屋sari-sari」2014年11月号/角川書店他)、『切断された手首の問題』(「ミステリマガジン12月号」/早川書房)他

三沢 陽一(みさわ よういち)

2014.09 掲載

科学は文化を生み、技術は文明を築く基盤。

プロフィール:1949年東北大学工学部通信工学科卒業、東京通信工業(株)(現 ソニー株式会社)入社。51年東北大学へ戻り、58年同大電気通信研究所助教授、64年教授、86年同大電気通信研究所所長。89年東北工業大学学長就任、東北大学名誉教授、2003年日本学士院会員、04年東北工業大学理事長を兼務、08年同大理事長・名誉学長 [主な受賞歴] 日本学士院賞(1987)、文化功労者顕彰(1987)、米国IEEEコンピュータソサエティ業績賞(1988)、瑞宝重光章(2003)、日本学士院会員(2003)、日本国際賞(2010)、文化勲章受章(2013)、米ベンジャミン・フランクリン・メダル受賞(2014)、仙台市名誉市民顕彰(2014)

岩崎 俊一(いわさき しゅんいち)

2014.05 掲載

「日本一」の栄冠を手にしたコラボ・パワー

プロフィール:●第91回全日本選手権大会 女子ダブルスカル優勝

漕艇部